郵便局巡り ~生野区 その1

2月下旬に大阪に行く用事があったので、そのついでに生野区内の郵便局を巡りました。生野区内は天王寺区とともに何回か巡ったこともありますが、生野区内だけというのは今回が初めてでした。
ところで、ついに環状線に新車が入り始め、オレンジ色の103系がほとんど姿を消してしまいましたね。

鶴橋から近鉄に乗り換えて、今里駅へ。初めて降りました。

まずは今里駅近くの、大阪生野新今里郵便局。



このあたりは比較的道幅が狭い地区が続きます。大阪らしいところですね。

飛び出し坊やならぬ、飛び出しおじょうさん?がありました。

個人商店が多い大阪。商店街の定義というのがよくわからないのですが、ここも商店街でしょうね。

大阪生野東中川郵便局。このように外壁工事中でした。

すぐ近くには川があります。川の高さと土地の高さがほぼ同じなのでしょう。堤防があるために、川に向かって坂があります。

すいがんばしという名前の橋です。

平野川です。一直線に流れる川ですね。かつては運河として使われていたのでは無いかと想像されます。

高い堤防に多くの橋が架かっていますが、これは歩行者専用の橋で、半ば道路にある歩道橋みたいな感じです。右側には小学校があります。

東に歩き、大阪生野小路郵便局。

近くに神社がありました。清見原神社といいます。

天武天皇がご休憩になられた場所と言われているようです。

近くの小学校の裏には、「故石川弘先生銅像趾」と書かれ、上に頌徳という石碑が建つものがありました。恐らくは銅像は、戦中に金属供出されたものと想像されます。戦中の名残が、このように現代にも見られます。

地下鉄千日前線でなんばへ行きました。そういえば、この内環状はよく走ったものですが、ここに地下鉄があったのだなと、改めて思いました。